登録変更・追加・お問い合わせ

いつもオープンラボをご利用いただきありがとうございます。
登録情報の変更・追加、またオープンラボに関するお問い合わせは下記よりお願いします。

登録済みの内容の一部を変更する 
※変更内容の反映には5~7営業日かかります。
※変更するには登録コード(登録時に設定いただいた任意の数字4桁)が必要です。
登録変更フォームでできること(例)
  • ・窓口情報(メールアドレス・電話番号・担当部署・URL)を変更したい
  • ・登録済みの自治体ニーズの内容の一部を修正したい
  • ・登録済みの専門家提案の内容の一部を修正したい
  • ・自治体ニーズ/専門家提案に関するキーワードやURLを変更(追加・差し替え・削除)したい
  • ・資料を変更(追加・差し替え・削除)したい
新たな専門家提案や自治体ニーズを追加する
※変更内容の反映には5~7営業日かかります。
※追加するには登録コード(登録時に設定いただいた任意の数字4桁)が必要です。
追加フォームでできること(例)
  • ・登録済みの自治体ニーズに加えて、新たに自治体ニーズを追加したい
  • ・登録済みの専門家提案に加えて、新たに専門家提案を追加したい
官民連携事業の先行事例を報告する
オープンラボでは自治体・専門家の皆様におる官民連携の事例をとりまとめています。
オープンラボを通じてマッチングが成立した場合は、下記フォームよりご報告ください。
※ご報告いただいた内容について、事務局から連絡をさせていただく場合がございます。
その他のお問合せ
お問い合わせの前に、以下の「よくある質問FAQ」をご確認ください。
※本事務局では新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金に関するお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください。

よくある質問FAQ

お問い合わせいただく前に、以下の「よくある質問FAQ」をご確認いだたきますようお願いします。

臨時交付金
地方創生臨時交付金について詳しく教えてください。
事務局ではお問い合わせを受け付けておりません。 本交付金については、 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/rinjikoufukin/index.html に詳細がございますので、こちらをご確認ください。
登録にあたって
各技術提案について政策分野を4つ以上登録することは可能ですか。
なるべく関連性が高い政策分野をご選択いただくため、1技術提案につき登録できるのは3分野までとしています。提案内容やキーワードの欄に、フリーワード検索でヒットさせたい文言を入れていただくことは可能です。
登録に期限は設けていますか。
随時、登録を受付しております。ご登録ください。
オープンラボへの登録費用(利用料など)はかかりますか。
オープンラボの利用に関して費用は発生いたしません。
既に登録している団体も、改めて登録する必要がありますか。
2021年1月12日以前、登録していただいた項目に加えて、新たに登録をお願いしている項目もあるため、改めて登録していただく必要があります。
新たな項目も含め登録していただくことで、より地域の課題・自社の提案内容に適した相手からの提案を受けやすくなりますので、是非登録フォームから再度ご登録ください。
どのような企業・団体が参加していますか。
地方公共団体や、多様な業種の皆様に参加いただいております。
登録者として義務付けられる活動はありますか。
入会費、年会費及びその他の義務はございません。皆さまの積極的なご参画をお待ちしております。
なお、オープンラボでは官民連携の実施事業について積極的に発信していくため、先行事例のページを設けております。ご紹介にいただける事業がございましたら、報告フォームよりご報告ください。
登録に必要な資格や要件はありますか。
専門家のご登録にあたって資格や要件は設定しておりません。自治体ニーズに対してソリューションを提案できる方であれば、法人に限らず個人でのご登録も可能です。
登録手続き
フォーム入力後の自動返信メールが確認できません。
迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあります。
事務局のメールアドレス(info★miraikosou20-openlabo.go.jp→★:アットマーク)を受信できるように設定をお願いします。
登録した内容を変更・追加したい場合には、どのような手続が必要ですか。
登録内容の一部変更・修正は、 登録変更フォームで受け付けております。
また、専門家提案および自治体ニーズの新規追加は、追加フォームで受け付けております。
いずれも各種フォームをご確認ください。
登録コードは既に付与されているものでしょうか。
新規ご登録時にご自身で設定した4桁の数字です。お忘れの方は事務局で確認しますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。(回答まで数日かかる場合がございます)
また、2021年1月12日以前にご登録いただいた団体は、再度新規登録が必要です。
登録承認はどのように行われるのですか。
登録内容がオープンラボの趣旨に沿うものか、また、不適切な表現や不備がないかを事務局で確認し、承認の際はメールにて承認通知をお送りいたします。
申請内容
登録変更申請をしたのに変更が反映されません。
変更内容の反映には5~7営業日かかります。
8営業日以上、事務局からの連絡がなく掲載されない場合は、お手数ですがお問合せフォームよりご連絡ください。
また、2021年1月12日以前のみご登録された方は、ホームページのリニューアルに伴い、再登録が必要となります。
11以上の提案(自治体の場合、取り組み)をしたいのですが、どうしたらいいですか。
一つの窓口から11以上の提案および取り組みを登録されたい場合には、追加フォームから追加登録ください。※登録および追加は10区切りでの登録となります。
担当部署ごとに窓口情報を分けたい。担当部署内でも連絡先が異なる場合はどのようにすればよいですか。
各担当者ごとにご登録いただけます。団体ごとに取りまとめていただく必要はございません。
地域で推進したい取組が具体化できていません。そのような状態でも登録して良いでしょうか。
推進したい取組が具体化されていない場合であっても、ご登録いただけます。取組が具体化していない場合は、解決したい地域課題についてご記載ください。
地域で推進したい取組や技術提案について、どのように記載すれば良いでしょうか。
登録フォームのそれぞれの記載欄の上に、記載ポイントと記載例を付していますので、そちらをご参照ください。また、取組や技術提案の内容を端的に表す言葉をキーワードとしてご登録いただくことで、自治体・専門家からより検索されやすくなります。
先行事例
地域・自社の先行事例について、HPで紹介してほしい。
先行事例を報告するフォームを設けますので、そちらより必要事項をご記入ください。後日、事務局より登録団体さまと連携団体さまにご連絡させていただく可能性がございます。
先行事例は臨時交付金を活用したもの以外も登録できますか。
臨時交付金事業以外・オープンラボ事業以外のものもご登録いただけます。
連携に当たって
専門家から自治体に連絡を取っても良いですか。
連絡していただいて構いません。専門家からの提案を積極的に受け入れたい自治体については、検索結果一覧においてその旨を表示するマークが付されていますので、自治体のニーズ及びそのマークを参考に連絡してください。
ワークショップ
令和3年2月10日以降に登録しましたが、ワークショップには参加できますか。
参加可能です。ワークショップは別途参加申込を実施いたします。 なお、「登壇者」としての参加は2月10日までに登録いただいた方を優先いたしますので、ご承知おきください。
ワークショップの発表者や発表内容を事前に知ることはできますか。
ワークショップの詳細は、3月上旬にホームページのイベント情報で公表予定です。参加を希望される場合は、申込期日までに申込フォームよりご登録ください。
連携に当たって
専門家から自治体に連絡を取っても良いですか。
連絡していただいて構いません。専門家からの提案を積極的に受け入れたい自治体については、検索結果一覧においてその旨を表示するマークが付されていますので、自治体のニーズ及びそのマークを参考に連絡してください。
閲覧パスワードについて
専門家閲覧パスワードを入力しているのですが、自身の提案を見ることができません。
提案の閲覧規則は、ご登録時の公開範囲に則っております。ご自身のご提案であっても、公開範囲を「自治体のみ」としている場合には閲覧いただくことはできません。
この場合、登録時の自動返信メールにてご登録情報をご確認いただくことができます。